こんにちは、すぱいでぃーです!

普段はK-POPブログを書いている僕ですが、今回はそこから少し離れます。

実はいま、僕のK-POPブログの人気がなさすぎるという悩みを抱えております(笑)そんな中、出会ったのがこの「死ぬこと以外かすり傷」という本です。人気のないブロガーにとって、衝撃の内容がてんこ盛りでした。著者は、今では知らない人はいないほどの有名人、幻冬舎編集者である箕輪厚介です。さあ、そんな最強の人が書いた本を読んでみて、人気のないK-POPブロガーはどう思ったのかを紹介します(笑)

人気がないからこその視点を楽しんでください(笑)

①「なるほど!」と思った1文

これからは、その商品にどんなストーリーを乗っけるかが重要になる。

今はどんな商品も、質が良くて値段が安いから、ストーリーで差をつけないとお客さんは買ってくれません。例えば、ただのダサい絵の入ったT-シャツだったとしても、それが障害者の方が口で一生懸命に描いた絵だと紹介されると、買いたくなっちゃいますよね。僕のブログにもストーリーを乗っける必要がありました。全然考えていなかった部分ですね。そう思い考えてみると、うーん、僕の場合「K-POP大好きなニートが、現地韓国で生み出したK-POP小説」でしょうか…。全然面白くないですね…(笑)

②「難しすぎる…」と思った1文

マスにヒットするコンテンツというのは、突き詰めると特定のだれか一人に洗礼に突き刺さるものだ。その一人の人生が変わるようなものを作る。

な、なるほど…って感じです。でもこれって、すっごく難しい。確かに、これがないと本なんて売れないだろうし、その本になんの価値もないってことですからね…。僕のブログにどう活かすかって考えてみたんですが、いまだに良いアイデアは出ません…。これは、本当に難しい…。とはいえ、これは商品を売るうえでの基礎の基礎のような気がします…。

③「助かった!」と!おもった1文

自分が読者として絶対に読みたいものを作る。面白い、面白くないかの基準なんてないんだから、偏愛でいい。

この文章には、とても救われました!やっぱり僕のブログって、K-POP小説なんていうものを書いているから、言ってしまうと、誰も読んでないんですよ…!まだまだ内容も未熟だし、宣伝方法も良くないし、そもそもニーズがないよな…なんて考えていたので、この文章には救われました!偏愛でいいんです!僕が面白いと思ったんですから!

④「そういうことか!」と思った1文

誰もやっていないことに挑戦し、誰もしていない経験をし、誰も成しえてない実績作らなければならないのだ。結局、自分は何者で、何がやりたくて、今何をしているか。自分というものが激しく問われる。そこに共感が生まれればフォロワーは増えていき、ビジネスにおいても熱烈な支持者になる。

今の時代、多くのフォロワーを持っているインフルエンサーになれば、ビジネスはいくらでも成功しますよね。僕も、多くの方に自分のブログを読んでもらいたくて、やみくもにツイッターを始めました。そして、やってみて初めて分かりました…。フォロワー全然増えない!!!それどころか、いいねすらもらえない!どうすればいいのか、めちゃめちゃ悩みました。僕なりにいろいろ調べて、心理学者が教えるフォロワーの増やし方とか、たくさんのインフルエンサーの方々が紹介しているフォロワーの増やし方を見てみたのですが、何ともしっくりこなかったです。例えば、「文字数ぎりぎりまで書いて投稿しよう」とか、「人のためになることを投稿しよう」とか。分かるんですが、自分と照らし合わせたときに、K-POPニュースを投稿すべきか…?でもそれは、すでにあるK-POPニュースサイトのパクリでしかないし、ニュースって意外と少ないし、引用リツイートでニュースに触れても、何も持っていない僕の意見は誰にも刺さることはなく…。面白おかしいような投稿をしてみるも、僕よりも面白い投稿はあふれていて…。とか考えていたんですよ。でも、この文章を読んで、すっきりしました!目の前のきりが晴れた気分です。特別な経験をする僕個人に共感してくれた人がフォロワーになってくれるんですね。確かにその通りだと思います。そして、僕はまだまだです。これからもっと、人がしていないような特別な体験をして、適切なアウトプットをして、フォロワーを増やせるように頑張ります!

⑤「俺もやってやる!」と思った1文

だから「けん玉世界一」でも「コンビニのおにぎり研究」でもなんでもいいから、まずは何か一つの分野で日本一になってしまえばいい。

この文章もまた、「K-POPブロガ―日本一」を目指す僕にとっての刺激になりました。なにかの日本一になって、初めて、自分の名前がブランドになるんですよね。多動力の真意もここにあるのだと言います。何かのトップだからこそ、他のトップから声がかかる。中途半端にいろいろやっては辞めて…だと、ただの飽き性な人ですから。まずは何かのトップになって、そうしたら他のことができるようになる、ということですね。まずは、全然うまくいっていない自分のブログを何とかしないと…(笑)

⑥「そんな…」と思った1文

「好きなものを作る」「やりたいことをやる」というのは大切だ。それがすべてだ。しかし、そのためには結果が必要だ。自由になるためには数字がいるのだ

この文章を読んでの率直な感想は「おい!やめてくれー!!!」です(笑)。③番のときに、自分がやりたいことをやればいい、偏愛でいいと言ってくれたじゃないですか!って感じですが、当たり前ですよね、数字がいるんです(笑)。いま僕が書いているブログは正直に申しまして、全然数字がありません。今のままでは今後伸びる気もしません…。自分でわかっていたけど、気付かないふりをしていたものを、バシッと言われた気がします(笑)

⑦「やっぱりそうですよね、でもそれは…」と思った1文

実際本なんて、紙に字が印刷されているだけで、ものを伝達する手段の一つに過ぎない。問われるのは、その1冊が誰の心に深く突き刺さるか。実際の行動を変えるのかどうかだ。

これもまた、めちゃくちゃ難しい…。②で紹介した内容と似ていますね。とにかく、誰かの役に立つものではないとだめだということです。さて、僕のK-POPブログはというと…そうです。見事に誰の役にも立ちそうにないブログです。はぁ、マジでどうしよう…。今現在そう思いながら、この文章を書いているわけです。完全に方向転換していますね(笑)。そりゃ、誰の価値にもならないブログを続けていくわけにはいきませんから(笑)。さて、それでも、いままでのスタイルでK-POPブログを書き続けるのか、今後の自分が楽しみです(笑)


以上が「死ぬこと以外かすり傷」を読んで、僕に突き刺さった文章です!これ以外にも、たくさんの役に立つ話が書いてあるので、ぜひ、読んでみてください!

ではまた!


spidey@0622

こんにちは! K-POPに人生を捧げている男、スパイディーです。 K-POPが好きすぎて大学時代に1年間の留学経験、韓国語能力試験高級を取得!現在は就職せずに、韓国でワーキングホリデー!生粋の韓国大好き人間です! 生年月日:1997年3月21日 性別:男 好きなアイドル:IU、CNBLUE 好きな食べ物:マクドナルド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です